2011年3月31日木曜日

hanami

4月9日に国立の大学通りで花見を行う予定です。

それに関して、個人的な思いを…。

毎年行なっている場所であり、毎年いろんな人が花見をしていて賑わっています。
ですが今年はどうなるかわかりません。
でも、いつものように皆さんも花見をしていただきたいです。

http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/index.html
にあるように、被災者の方の受け入れを市で支援しているようです。
詳細は問い合わせですが、これによって多少なりとも当市に限らず
各地に被災者の方々が来ることでしょう。
そういう方々は花見をしている人たちに声をかけてください。
「こっちはそれどころじゃないのに、何してやがる」
と思うでしょうが、一緒に飲みませんか?
お酒飲めなくても良いです。
小さいお子さんがいたっていいです。
ただ話を聞いて、話しをすることしかできないかもしれません。
ですが、それが「繋がり」の最小単位であると思います。
寄付したり援助することが復興につながることと思います。
ですが「話をする」ことも避難してきた方のしばらくの生活の
支援になるかと思います。

ただ、自分のしたいことに偽善的な意味を持たせていることだと思います。
ですが、この気持は本当です。

一緒に飲みませんか?

0 件のコメント:

コメントを投稿